月丘夢路『美徳のよろめき』

6/24土 ラピュタ阿佐ヶ谷美徳のよろめき』(1957日活 中平康)

http://www.laputa-jp.com/laputa/program/nikkatsu-bungei/sakuhin1.html#02

http://www.nikkatsu.com/movie/20211.html http://movie.walkerplus.com/mv25280/

f:id:domperimottekoi:20170627082344j:plain

月丘夢路。本篇白黒。観覧前 三島由紀夫 同題原作(新潮文庫)初読。お話は概ね踏襲の感だが 原作者は相当気に入らなかったらしく痛罵したとのこと。理由は未詳だが 想像される点幾つか。まず主人公 節子(月丘)の不貞相手となる土屋(葉山良二)が原作のキャラに比しやや武骨を否めず 一方原作ではわざと存在感希薄にされている夫 倉越(三國連太郎)が 映画では大きな比重占めて描かれ 且つ節子の高貴さにそぐわない俗物である点が強調され過ぎているように見受けられるところも。しかもそんな倉越が妻の不貞に薄々勘づき乍ら空とぼけているように見え 節子は結局夫の掌中で遊んでいただけと仄めかされている点も 原作に沿わないと言えば言えそう。事実映画でのトップクレジットは月丘と三國で 節子と土屋の2人劇の観すらある原作とはその面では明らかに印象が異なる。また小説では節子が麻酔なしでの堕胎手術の苦痛を敢えて甘受し自らの罪と罰に陶酔するかのようなマゾヒスティックな描写がかなり衝撃的だが 映画ではその部分が割とあっさり流されており… 等々と並べてみても所詮門外漢の的外れな憶測に過ぎず 実のところ個人的感想としてはそれら諸点をも含め寧ろ巧く作られた映画ではなかろうかと。最近の贔屓女優で目当てだった月丘 期待にたがわぬ好演。脇では主人公の友人 与志子役の宮城千賀子が原作以上の役割を与えられ 且つ駘蕩な有閑夫人ぶりが目を瞠らせる嵌まり具合。従前あまり観る機会なかった女優だが これは美貌も相俟って助演女優賞級とさえ。原作通り2度印象的場面に登場する按摩役 西村晃 僅か数秒乍ら怪演。宮城の愛人レスラー役 安部徹は苦笑物。他 信欣三 千田是也 芦田伸介 渡辺美佐子 南田洋子 北林谷栄ら顔見せの域。高橋昌也のナレーション適声。

↓ 月丘 葉山。

f:id:domperimottekoi:20170627112215j:plain

↓ 三國 月丘。これは過去シーンのスチールで 現在時点の三國は髭あり設定。

f:id:domperimottekoi:20170627112331j:plain

 

 

折しも『あなたのことはそれほど』『昼顔』とドラマ&映画で不貞物が続いており較べてみたら面白そうだが…そちらはともに未見のままとなりそうで残念。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

広告を非表示にする

田中道子『貴族探偵』最終11話

6/26月『貴族探偵』最終11話

http://www.fujitv.co.jp/kizoku/story/story_11.html

色々ヤられた。が個人的にはこの場面中のこの人を最後に敢えて挙げておきたし。

f:id:domperimottekoi:20170626222924j:plain

↑↓ 冬樹和泉役 田中道子(オスカー)。実はドラマの本質を一番体現してたキャラでは?

f:id:domperimottekoi:20170626223550j:plain

最後せめてもう少しフィーチャー欲しかった。と言うわけで今回の名台詞…

…「すいません佐藤さん」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

広告を非表示にする

菊地秀行トークライブ「復活/ヴァンパイア・ラバーズ」

6/23金 菊地秀行 深夜のトークライブ「復活/ヴァンパイア・ラバーズ」

於LOFT/PLUS ONE http://www.loft-prj.co.jp/schedule/plusone/67148

恒例オールナイトトーク 前回の雪女映画特集 帰省で不参加の為 今回は満を持し。

特集は女吸血鬼映画それもレズビアン趣味の色濃い作品群。例により菊地氏独自編集のダイジェスト映像を流しつつ笹川吉晴氏と雑談。冗談過剰気味で笑い絶えずもいつも乍ら。が菊地氏に劣らずホラー映画に詳しい笹川氏との自在なやりとりはともすると聞き逃しそうな端々に重要情報が詰まっていることが多いので映像観ながらも耳欹て欠かせず。しかも観覧席からも時々マニア度高い発信がなされるので尚更。

 

↓『ヴァンパイア・ラヴァーズ』1970英ハマー映画 ピーター・カッシング主演。原作レ・ファニュ「吸血鬼カーミラ」。先日観た東宝『呪いの館 血を吸う眼』と同年作。

こちらは全篇映像。

 

↓ 『ハンガー』1983英。カトリーヌ・ドヌーヴ  デヴィッド・ボウイ  スーザン・サランドンと豪華キャスト。トニー・スコット初監督作。全篇版は有料であり。

 

↓ 『スペースバンパイア』1985英。監督トビー・フーパー(!) 脚本ダン・オバノン。原作コリン・ウィルソン『宇宙ヴァンパイアー』。

こちら吹替版全篇映像。但し若干早送り。

折しも吸血鬼物アンソロジー画策中につき参考収穫大。

 

 

隣席 角銅博之さんから何と『タイガーマスクW』のタオル ↓ 頂き! これは貴重嬉しや ありがとうございます!

f:id:domperimottekoi:20170624122656j:plain

角銅さん監督作『タイガーマスクW』↓ 既に撮了で 次は『プリキュア』予定の由。

テレビアニメ「タイガーマスクW 」公式サイト - 東映アニメーション

 

 

↓ 野菜スティック試すも老化歯には太過ぎ硬過ぎなので角銅さんにお任せし。

f:id:domperimottekoi:20170624005317j:plain

↓ 代わりにじゃがバター。これは柔らか 年寄りでも可。

f:id:domperimottekoi:20170624011617j:plain

 

終演後 早朝店にて菊地さん笹川さん角銅さんとお茶ののち帰途。

菊地さんご馳走様&お疲れ様でした!  次は9/29(金) 予定 再来期す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

広告を非表示にする

「玩具館三隣亡 Wunderkammer 〜驚異の部屋〜」

 6/24土 初台 玩具館三隣亡「Wunderkammer 〜驚異の部屋〜」最終日に駆け込み。

http://gangukansanrinbou.web.fc2.com/

↓ 壁の不気味な目の群れがお迎え。

f:id:domperimottekoi:20170624154208j:plain

終了間近の混雑にも拘らず石神茉莉さんがじきじきに品目一つ一つ丁寧にご紹介くださり感激! 石神さんによればこの目の群れは ↑ アートを見ているわれわれも実は見られているアートなのかもしれないと言うウンダーカンマーの表われとのこと。

個人的一番の瞠目品はこちらのオブジェ ↓ 中に浮かんでるのは何と狸(タヌキ)の脳!

f:id:domperimottekoi:20170624154220j:plain

こちらはカラフルな目玉の標本。…が本物でなくガラス製だそうで安堵。

f:id:domperimottekoi:20170624154252j:plain

↓ 前夜 菊地秀行氏オールナイトトーク(のちほどレポ予)でもお会いした るるい宴さんコーナーの一部。この写真の部分はほとんどが鷹木骰子さんのアクセサリーで棚の上のはフェルト製邪神群。左端の緑色のは青木淳さんの編みぐるみ小クトゥルフ。大もあり。

f:id:domperimottekoi:20170624154203j:plain

↓ 購入 青木淳さんのクトゥルフ帽。被り方まで付いてて懇切。他にガラス目玉2個も。

f:id:domperimottekoi:20170625092623j:plain

実は前に1つ買ったが ↓ 不手際から失くしたためこの機に再。夏場の為若干お安く。

http://d.hatena.ne.jp/domperimottekoi/20170129/1485658623

 

帰途前 お店の外で 飯田克比呂さんと腑分け屋Qaedaさんの談笑に交ぜてもらい 飯田さんからは映画の話等色々伺い触発。Qaedaさんは何とあの狸脳オブジェ作った方で 狸の亡骸は東京でもよく採取できる等 驚きの話を。

 

驚異の部屋 間に合い大吉 収穫あり!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

広告を非表示にする

大坂志郎 月丘夢路『不道徳教育講座』

6/22木 ラピュタ阿佐ヶ谷『不道徳教育講座』(1959日活 西河克己)

日活文芸物特集初訪。帰省の為 劈頭作『あした来る人』未見となり残念。

http://www.laputa-jp.com/laputa/program/nikkatsu-bungei/sakuhin1.html#03

http://www.nikkatsu.com/movie/20310.html  http://movie.walkerplus.com/mv25893/

f:id:domperimottekoi:20170623104718j:plain

大坂志郎 月丘夢路。観覧を挟んで原作(三島由紀夫 同題書 角川文庫)初読。が現存の文庫版は前後篇合本で後篇は映画公開後の60年刊と知る。原作は軽妙エッセイなので映画化では趣旨を汲んだコメディ作劇による表現となる。集中とくに序盤の「教師を内心バカにすべし」「大いにウソをつくべし」「泥棒の効用について」「処女は道徳的か?」等の章が活かされ ときに台詞も援用されている模様。大群像劇乍ら主演は大坂志郎で 女誑しの大悪党とお堅い高級官僚の2役を巧みに演じ分け 道徳vs不道徳構図の滑稽さor反転テーマを体現。この頃の映画での大坂を見る度に思うが 後年のテレビドラマでの「少し情けない父親像」期とは懸け離れた徹底した洒脱さぶりにいつも乍ら舌を巻く(だからこその本作での主役起用と)。個人的最目当ては月丘夢路だが なぜか序盤と終盤のみの出番で期待した活躍までは至らず。他女優陣ではのちに『男はつらいよ』シリーズで名を馳せる三崎千恵子が不貞願望によろめく校長夫人役で必笑。その娘で処女を売りたがる女学生役 清水まゆみ も注目。男優陣では偽善者校長役 信欣三 そのドラ息子役 長門裕之 清水に恋慕する組合幹部役 柳沢真一 大坂をつけ狙うヤクザ役 佐野浅夫らが目を惹く。冒頭とラストに三島由紀夫 特別出演 一度も瞬きせず観客に語りかける半微笑顔が印象的。

 

原作は『週刊明星』創刊号(58)から連載され まだ芸能専門ではなかった同誌で忽ち評判となり現在に至るまで人気の由。巻頭の章「知らない男とでも酒場に行くべし」で三島が銀座で出会った17、8歳の少女らと意気投合し恋愛話やらに花を咲かせる描写があるが どこまで実話やらとニヤリとさせ乍らも嫌味に見えないのは作者のキャラ得か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

 

広告を非表示にする