山村聰『からみ合い』『背徳のメス』

 シネマヴェーラ渋谷〈日本のオジサマ 山村聰の世界〉http://www.cinemavera.com/

3/28『からみ合い』(1962小林正樹)

http://movie.walkerplus.com/mv20311/f:id:domperimottekoi:20140204181434j:plain

芳村真理山村聰岸恵子渡辺美佐子。他に仲代達矢宮口精二千秋実川津祐介等とにかくキャストが超豪華。滝沢修佐藤慶平幹二朗がちょい役!『七人の侍』宮口と千秋が欲に目の眩んだ悪役(というより全員そうなんだが)。『夜ヒット』芳村の女優姿初めて見た、後年のテレビでの上品さからは想像できない野性美派。小林正樹というと四騎の会ドラマシリーズ『化石』(75 竹本健治氏の愛好作)だが、死期近い富豪+岸恵子というところがこの映画と通じるかも(尤も通じるのはその点だけで他は全く異なるが)。

 

同日(2本立)『背徳のメス』(1961 野村芳太郎)

http://movie.walkerplus.com/mv20226/

f:id:domperimottekoi:20140204181435j:plain

山村聰久我美子。他に田村高廣高千穂ひづる加藤嘉城所英夫(『七人の刑事』)。山村がへべれけになって女にしなだれたりヤクザに殴る蹴るされたりと、平素の風格とのギャップへの頑張りが見もの。また両作ともサスペンスの密度の半端なさに驚く。ともに要DVD化な傑作。

 

 

ところでテレビでの山村聰といえば何といっても『ただいま11人』(64-67)で、ある意味個人的〈原風景〉な俳優の1人だが、それしか知らなかったから映画でのこういう多面性は今にして新鮮。『11人』では渡辺美佐子が娘役で共演してた。

f:id:domperimottekoi:20140329042429j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

広告を非表示にする