『ロボコップ』(2014)

4/9リメーク版『ロボコップ』(2014)を田中一江さん(カード『エンダーのゲーム』訳者)金子浩さん(ケッチャム『隣の家の少女』訳者)と一緒にシネ・リーブル池袋にて。

http://www.robocop-movie.jp/

アクション&スペクタクルがなかなか凄くて面白かった。

f:id:domperimottekoi:20140409225514j:plain

ロボコップ=マーフィ(ジョエル・キナマン)とノートン博士(ゲイリー・オールドマン)。1987のオリジナル(とそのシリーズ)とは異なり記憶が完全に残ってる設定で、妻子との絡みがより分厚く描かれる。その分オリジナルで活躍した相棒女刑事(ナンシー・アレン)の役どころを妻が果たしてる感じで、演じたアビー・コーニッシュ( ↓ 写真左)の綺麗さが目を惹く。キャスター役サミュエル・L・ジャクソン( ↓ 右)は何演じても達者。

f:id:domperimottekoi:20140409225220j:plainf:id:domperimottekoi:20140409225309j:plain

 ↓ ノートン博士役コリン・ウィルソン?…じゃなくG・オールドマン。  

 f:id:domperimottekoi:20140410001949j:plain

↓ オムニ社長役キーファー・サザーランド?…じゃなくマイケル・キートン

f:id:domperimottekoi:20140409225118j:plain

 

 

 

映画のあと田中さん金子さんと夕食&お茶。お2人ともほんとに久々にお会いでき、とくに田中さんには『シルヴァー・スクリーム』のお礼言えてよかった。映画や仕事の話の他にアイドルやお笑い芸人など意外な(でもない?)話題の収穫もあり。映画はいつも独りなので今日は珍しくほんとに楽しかった。 オイラの近間の池袋にしてもらえたのも助かりでした、金子さんお手配ありがとうございました! またいずれ是非。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

広告を非表示にする