『地球防衛軍』

神保町シアターゴジラだけじゃない! 東宝特撮大進撃〉

最終上映4/25金『地球防衛軍』(1957)

http://www.shogakukan.co.jp/jinbocho-theater/program/toho_sfx_list.html#movie05

http://movie.walkerplus.com/mv25358/

f:id:domperimottekoi:20090711111222j:plain

怪獣も特撮も円谷プロも1966の『ウルトラQ』で初めて見て知りそれまでは特撮どころか映画館にすら一度も行ったことがなかったクソ田舎の子供にとって、それよりも10年近くも前にわれらがヒーロー佐原健二が既にこんな大作映画で主演を張っていたというのは驚き以外の何物でもない。

 

 

 

 

 

 

 

ここからは全くの余談だが…

ずっと前ある同年齢の人が「オレらゴジラ世代だよね」と言っていたが肯定できなかった、ゴジラと同じ年に生まれた赤ん坊がゴジラ見れるわけないじゃないか。ゴジラ世代と言える世代が本当にあるとしたら、1954に初公開された『ゴジラ』をその時点で映画館で見たちゃんとした大人の(=30代以上ぐらいの)人々、つまり現在90代以上の人たちしかいないのだ! それ以外はせいぜいその世代の親たちに映画館につれてってもらった子供たち(せいぜい団塊の世代ぐらいまでか)であって、それより若いオレら以後の世代は全て、テレビ放映で見たりレンタルビデオで見たりせいぜい名画座で見たりしているのにすぎない。しつこく繰り返すが──〈せいぜい〉そんなもんでしかない。しかも──高齢化社会らしいから人口だけはごまんといるかもしれんが──90代以上の全ての存命日本人のいったい何%が、というより〈何人が〉1954年という時点で映画館に足を運んで『ゴジラ』を見たというんだろうか。…

…オレはいつも秘かに疑問に思う、みんなわがもの顔でゴジラやら特撮やら語ってるが、おまえら本当にそれほどそんなもんに生々しく深刻な影響を受けてるのかと。少なくともオレ自身は『7時にあいまショー』『若い季節』『隠密剣士』『ウルトラQ』には決定的な影響を受けているが、ゴジラなど影響どころか実質何も知らないと断言できる。…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

広告を非表示にする