宍戸錠『地獄の祭典』

3/12木 ラピュタ阿佐ヶ谷『地獄の祭典』(1963日活 牛原陽一)

http://www.laputa-jp.com/laputa/program/sasamorireiko/

(※ネタバレ注意→) http://movie.walkerplus.com/mv21076/

f:id:domperimottekoi:20150312161342j:plain

宍戸錠(30) 笹森礼子(23) 小高雄二(小高恵美 叔父)。これは驚いた、傑作。今まで見た日活アクションで個人的に一番いいほど。シリアスじゃなくコミカル系だがそのノリが3転4転する謎解き展開にどんぴしゃ嵌まり、誰が味方で誰が敵かの妙に戯画的な面白いサスペンスを生んでる。しかもそれが主演宍戸のみならず悪役の小高 田中明夫 浜田寅彦 郷鍈治(26) 田中邦衛(31)らの見せ場込みの熱演で増幅。且つ何と言っても宍戸の抜群の巧さが最高に活かされてて瞠目。このポスターの紫シャツ黄色ネクタイ姿は本篇にはなく、前半での髭もじゃ顔真っ黒の荒くれ猟師姿が爆笑物。笹森は序列上相手役だが出番が大幅短く、むしろ妖艶なダンサー役 白木マリ(=万理 26)が実質ヒロインか。

 

 

森礼子特集はもう1作『生きている狼』(64小林旭)が残ってるが残念ながら帰省のためここまで。明るく楽しい日活に本当に合ってた女優さんだとあらためて認識。また今回は上映されてないが個人的には同劇場で以前観た『七人の刑事 終着駅の女』(65)↓ での通例路線とは違う暗い役柄での名演も印象深い。

 http://domperimottekoi.hatenablog.com/entry/2014/02/28/000000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

広告を非表示にする