ザ・ピーナッツ『私と私』

4/20月 ラピュタ阿佐ヶ谷『私と私』(1962東宝 杉江敏男)

http://www.laputa-jp.com/laputa/program/dancing_singing/sakuhin3.html#23

http://movie.walkerplus.com/mv20645/

f:id:domperimottekoi:20150421161820j:plain

ザ・ピーナッツ伊藤エミ伊藤ユミ。1959の『可愛い花』(日活)↓ …

http://domperimottekoi.hatenablog.com/entry/2015/03/31/044440

…に続きこの『私と私』でも彼女らのデビュー自体がテーマにされてるが(当然フィクションだが)こちらは前年『モスラ』に出演したり「ふりむかないで」が大ヒットしたり(この映画でも唄ってる)と既に国民的大スターになりつつあった頃。がナベプロと縁の深い東宝での初主演作ということである意味での出発点か。ピーナッツはそれぞれソロをたっぷり聴かせる(エミ「ちゃっきり節」ユミ「二人の高原」)のとステージシーンでのキレのいい踊りが耳/目を奪う。クレージー・キャッツが芸能事務所の一団役で深く絡み(ハナ肇社長 植木等マネジャー 石橋エータロー歌唱指導係)とくに冒頭近く磯辺での余興設定の「スーダラ節」は思わず頬が緩む絶景の楽しさ。植木のC調ながら気の利くマネジャーは意外なほど嵌まってて、実像キャラは裏方のほうが似合ってるのかもとすら。スタジオ収録設定で中尾ミエ(16) 伊東ゆかり(15)がツイスト大集団とともに唄い踊るシーンも短いながら大きな魅せ場。今観るとツイストはつくづく凄い踊りだ。中尾 伊東は『ハイハイ三人娘』に先立ち映画初出演の由。淡路恵子とともに脇を固める有島一郎は懐物映画観始めて以降一番沢山出てる俳優だがこれが最名演かも。肩の凝らない心温まる歌謡映画の芯を引き締めてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

広告を非表示にする