三國連太郎『七つの弾丸』

7/25土 ラピュタ阿佐ヶ谷『七つの弾丸』(1959東映山新治)

http://www.laputa-jp.com/laputa/program/toei-gendaigeki/sakuhin1.html#09

(※ネタバレ注意→) http://movie.walkerplus.com/mv26257/

f:id:domperimottekoi:20150726023601j:plain

↑ 中央大きな顔 三國連太郎 右上から 伊藤雄之助 久保菜穂子 今井俊二(のちの名悪役 今井健二)。本篇白黒。捜査物ミステリーでモジュラー型とかいうのがあるらしいが(個人的には気どってるだけの呼び方な気がして嫌いだが)それかどうかはともかく多視点の効果を狙った構成。がどうもそこは些か狙い過ぎであざとさ否めず。それ以上に注目すべきは三國の圧倒的絶演。がこの人の場合「演技」とも言いきれない破格の何かがある。と同時に「顔」そのものの並びない迫力。とくに本作では伊藤雄之助と日本2大凄顔共演の観あり(3大とするならあと1人は佐藤慶)。村山新治監督作これまでにも見たような気がしてたが記憶違い(後年『キイハンター』『特捜最前線』の他土ワイ等も撮ってる由)。助監督 深作欣二。ナレーション 永井智雄(『事件記者』)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

広告を非表示にする