梅宮辰夫『ダニ』

9/4金 ラピュタ阿佐ヶ谷『ダニ』(1965東映 関川秀雄)

http://www.laputa-jp.com/laputa/program/toei-gendaigeki/sakuhin4.html#33

(※ネタバレ注意→) http://movie.walkerplus.com/mv25844/

f:id:domperimottekoi:20150906001634j:plain

f:id:domperimottekoi:20131121160236j:plain

↑ 上 北あけみ 下 大原麗子 男はともに主演の梅宮辰夫。『第三次世界大戦』等幾つか見た若き日の梅宮のぎこちなさからは飛躍的な成長(?)。世に二文字シリーズ(他に『ひも』『いろ』『かも』)あるいは夜の青春シリーズと呼ぶそうだが活き活きした演技はまさに水を得た魚。映画自体もこれこそリアルと言うべきで娯楽過剰にも芸術志向にも走らない絶妙さがいい。関川秀雄監督作としては『東京アンタッチャブル 脱走』にも並ぶ出来(予算はあちらがずっと上だろうが)。ただ路線的にこれ1本でもお腹一杯気味なのでシリーズ他作まで観たいかとなると躊躇(梅宮本人が代表作としているという後続の不良番長シリーズも全く未見なので参考に?1つぐらい覗いてみたくはあるが)。

依然まだ駆け出しの大原麗子は梅宮とのラブシーン&水着シーンがあるが出番短い上に淡泊キャラ過ぎて活躍とまでは言えず。むしろ手籠めにされる北あけみが熱演。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

広告を非表示にする