天知茂『女吸血鬼』

10/8木 ラピュタ阿佐ヶ谷『女吸血鬼』(1959新東宝 中川信夫)

http://www.laputa-jp.com/laputa/program/nakagawanobuo02/sakuhin3.html#18

(※ネタバレ注意→) http://movie.walkerplus.com/mv25984/

f:id:domperimottekoi:20151009091155p:plain

天知茂 池内淳子。本格吸血鬼映画としては本邦初作とのこと。同じ中川・天知による『東海道四谷怪談』と同年だが順番はこちらが先と思われる。英ハマーフィルム版『吸血鬼ドラキュラ』日本公開が前年8月だそうなので当然影響がないはずはないが設定や展開は全く別──と言うより原作(橘外男)を踏襲した上でハマー版の雰囲気を加味したといったところか(原作未読故想像に過ぎないが)。ハマー版のクライマックスはある意味あっけないとも言えるがその点に関するかぎりこちらのほうがスペクタクルに遥かに力が入ってる(入り過ぎの感すら)。 

 

 

ところで原作『地底の美肉』(凄いタイトルだ)を検索するとどうやら『青白き裸女群像』(未読)の設定変えただけの焼き直し作らしく未復刻の原因はその辺にありそうだがここも願わくば日下三蔵さんに頑張ってもらいたし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

広告を非表示にする