小林旭『都会の空の用心棒』

1/9土 ラピュタ阿佐ヶ谷『都会の空の用心棒』(1960日活 野村孝)

http://www.laputa-jp.com/laputa/program/tokyo_eigachizu/sakuhin2.html#11

http://movie.walkerplus.com/mv23139/

f:id:domperimottekoi:20160110015204j:plain

 ↑ 小林旭(22) 浅丘ルリ子(20)。本篇カラー。スタントマン級危険アクションも自らチャレンジしたと言う小林、誰もが目を奪われずにはいない本作のヘリ飛行中修繕シーンもおそらくは(当然命綱あるにせよ)。デビュー前剛腕で鳴らしたと言うジェリー藤尾(20)との殴り合いも本物?同士だけに他にない迫真。カード捌きシーンだけはどうやら吹替えだが、上のスチール ↑ の見事なマンドリン弾き語り(「月の砂漠」)も願わくは自前であってほしい。空を舞台としつつも地に足のついた雰囲気なのが日活アクションには珍しい──つまり無国籍でなくまさに等身大の東京が描かれているところが。

翌61年同キャラ(&同監督)作『都会の空の非常線』があり2本のみのシリーズらしい。意外にも未DVD化。

 

 

 

 

 

余談 いつも思うが当時の小林 浅丘らが20歳そこそこなのを思うと演技や存在感の大人び具合に驚くしかない。しかも主演作毎月1本というハイペース(小林この年12作!)でこのクオリティ維持。後年の若手スターたち(芸能界全般で)はこうした「大人っぽさ」を目指さなくなり逆に子供っぽさを売りにするようになっていった気がするが、その方向へ行き始めたのはやはり70年代以降か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

広告を非表示にする