山内賢 和泉雅子『あゝ青春の胸の血は』

2/2火 上京初日観覧。

ラピュタ阿佐ヶ谷『あゝ青春の胸の血は』(1964日活 森永健次郎)

http://www.laputa-jp.com/laputa/program/tokyo_eigachizu/sakuhin3.html#24

http://movie.walkerplus.com/mv21243/

f:id:domperimottekoi:20160202193910j:plain

山内賢(21) 和泉雅子(17) 進千賀子(20) 舟木一夫(20)。大傑作! これまで観た森永健次郎監督作はいずれも秀作揃いで中でも『若草物語』(1965)↓ が一番だったが…

http://domperimottekoi.hatenablog.com/entry/2015/09/01/032143

…今作はそれをも上回る。日活「歌謡」映画としては同じ山内&和泉主演『二人の銀座』(1967)が今に至るも頭抜けた最高作だがこと「青春」映画では吉永小百合主演作さえ抑えてこれがトップに躍り出。兎に角山内&和泉のシリアス熱演が瞠目物。類型に堕さず過剰に走らずまさにこれぞ「リアル」と言うべき名演。ここでも年齢を考えると尚更驚かせられる。舟木も2人を見守る役どころで少ない出番ながら相変わらず演技超達者。2人を阻む大人たち(東野英治郎 二本柳寛 菅井一郎)もありがちなただの解らず屋設定ではなく脚本&演者ともに見事。とくに東野が息子(山内)を心配して二本柳&菅井其々と会うくだりは名シーン。小高雄二始めボート部指導員&部員も練習風景に至るまで徹底リアル。荒川を漕ぎ進む河岸風景描写も含め単なる舞台背景ではない域を感じさせる。東京オリンピックは同年(64)10月開催でこの映画はその直前9月公開、日本もボート種目に参加していたことを考え併せると当然コラボ的側面もあったのでは。

 

↓ 舟木による主題歌に乗せた予告篇。作中他にも2、3曲唄う。

今でも人気曲らしく一般カラオケ含め多数UPあり。

↓ DVD化済み。

あゝ青春の胸の血は [DVD]

あゝ青春の胸の血は [DVD]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

広告を非表示にする