高田浩吉 飯塚敏子『月夜鴉』

ラピュタ阿佐ヶ谷 特集〈芸に生きる〉開幕

http://www.laputa-jp.com/laputa/program/geiniikiru/

 

2/26金 上京初日観覧『月夜鴉』(1939松竹 井上金太郎)

http://www.laputa-jp.com/laputa/program/geiniikiru/sakuhin1.html#02

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=133445

f:id:domperimottekoi:20160228125134j:plain

↑ VHSジャケ。右上 飯塚敏子(25) 高田浩吉(28)。高田が年上だが白塗りして10代の設定。無表情で演じるおっちょこちょいな若弟子の可笑しさは並々ならないユーモア才と芸達者さ。飯塚は当時の松竹看板女優の1人だが既に夫(高田&長谷川一夫とともに松竹三羽烏と言われた坂東好太郎)と子供あり家庭のため前々年松竹退社。今作はその後の散発出演作の由。三味線師匠役だが実際に幼少から嗜んでいたらしい。男に見向きもせず芸道に生きる勝ち気な娘の嵌まりぶりはまさに今特集テーマそのもの。好評から続篇(『新月夜鴉』1940)も。高田は当時から美声で鳴らしレコードも出していたが今作では唄わずやや惜しい。孫が大浦龍宇一というのは今回検索で初知り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.