美空ひばり 中村錦之助『おしどり駕篭』

3/7月 新文芸坐『おしどり駕篭』(1958東映 マキノ雅弘)

http://www.shin-bungeiza.com/program.html

http://movie.walkerplus.com/mv25416/

f:id:domperimottekoi:20160125134441j:plain

↑ 特集雑誌表紙の美空ひばり(21) 中村錦之助(26)。

f:id:domperimottekoi:20160308105437j:plain

↑ 中村賀津雄(20) 中原ひとみ(22)を加えたオフショット。

ひばり+錦之助 共演作 &錦之助+賀津雄兄弟共演初見。鯔背な江戸っ子役の錦之助観たのも初かも(若殿との2重キャラだが2役ではなく同一人物)。大いに楽しくはあるがひばりの歌がやや少なめで上映作紹介にあるようなミュージカル映画orオペレッタ映画とまで言える域かは微妙。「錦之助も唄う」ともあるが冒頭近くの錦之助+賀津雄の左官現場での歌は吹替とおぼしい。錦之助の歌と言えば鈴鹿峠での殺陣のさ中に「♪鈴鹿峠は越えられもしょうが越すに越せない~(?)」と口遊むのみかと。また殺陣もそのくだりのみなのがやや焦らせる。焦らせると言えば全篇驚くばかりのスローテンポで併映の『かんざし小判』(以前観た ↓ ので今回割愛)…

http://domperimottekoi.hatenablog.com/entry/2015/01/14/165822

…があまりの高テンションなだけに些か拍子抜け否めず。がそんな鷹揚さが味とも言え 一番の見どころである ひばり+錦之助の「おかめ!ひょっとこ!」とやり合う粋で色っぽい掛け合いをたっぷり過ぎるほど楽しめる。ここでもあとで驚くのがひばりの年齢で20歳そこそこにはとても見えず(元々声が低いので大人びる人ではあるが) 中原ひとみのほうが当然年下と思ってしまう。お話は定番お家騒動だが(月形龍之介またも悪役) 終局が常道とやや異なり好感度高し。類似タイトル作に『おしどり囃子』『おしどり喧嘩笠』等があるが相手役其々違い(大川橋蔵 鶴田浩二)シリーズとまでは言えなさそう。

f:id:domperimottekoi:20160308120508j:plain

DVDあり ↓ 。 

おしどり駕篭 [DVD]

おしどり駕篭 [DVD]

 

 

 

 

なお併映の『かんざし小判』はYoutube ↓ にもある(本作はなし)。

(※有料)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.