岸田今日子『肉体の学校』

7/29金 ラピュタ阿佐ヶ谷『肉体の学校』(1965東宝 木下亮)

http://www.laputa-jp.com/laputa/program/idetoshiro/sakuhin4.html#30

http://movie.walkerplus.com/mv21309/

f:id:domperimottekoi:20160804020227j:plain

岸田今日子 山崎努 中川ゆき。本篇白黒。傑作。随所に実験的映像配したり等進取性ある野心作。岸田 山崎のほぼ2人劇の観すらありとくに岸田の個性美&類例ない独特感性炸裂。中川は櫻井浩子と同期の東宝新人だが出番僅か。客演 山村聰も貫録見せにとどまる。ゲイバーのボーイ役 佐藤晴彦 注目させられたが不詳。

観覧後この機にと原作初読(三島由紀夫 同題作ちくま文庫)。お話の大枠どころか細部までかなり忠実と確認 勘どころの台詞ほぼそのまま使っている例も多々ある模様。が井手俊郎 自分を殺しているわけでなく終盤の緊迫は原作をも凌駕。

木下亮 何と原節子の甥。が映画は数作のみで後年はテレビに移った由。前年(64)の『男嫌い』一昨年観ていた ↓ 。これも井手だが当時監督も脚本家も意識せず。

http://domperimottekoi.hatenablog.com/entry/2014/02/28/000000

岸田出演の他 奇抜な映像作りも本作に通底。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

広告を非表示にする