フランキー堺『ぶっつけ本番』

8/23火 ラピュタ阿佐ヶ谷『ぶっつけ本番』(1958東京映画 佐伯幸三)

http://www.laputa-jp.com/laputa/program/frankiesakai/sakuhin1.html#07

http://movie.walkerplus.com/mv25568/

f:id:domperimottekoi:20160824121614j:plain

フランキー堺。白黒。序盤危ぶまれたのは近年の『クライマーズ・ハイ』(2007)に類する無闇な報道人礼賛&ヒロイズムに陥る惧れだったが杞憂と判りむしろその問題にこそ光を当てた傑作。フランキーの熱演にも増して光るのが主人公の異才を買いつつ舵取りに苦心する先輩カメラマン役 増田順司 上司役 小沢栄太郎 佐野周二らのリアルな巧演。とくに増田は後年ドラマでの地味な脇役イメージを改めさせる。同僚役 堺左千夫 内田良平 吉行和子は目に留まったが天津敏 見逃し。助手役 仲代達矢 前年(1957)から始まった『大番』シリーズでの役どころと相似 この手の支え役が嵌まる人か。ヒロイン(妻) 淡路恵子 抑えた名演。ある意味で主眼の過酷な取材&撮影シーン以上に目を惹くのが随所に挟まれるさりげなくも工夫されたカットでとくに終盤主人公夫婦の無言でお茶飲み煎餅齧るくだり秀逸。中盤赤線での娼婦(塩沢とき)とのやりとり必笑。名のみ聞く「ニュース映画」の畑で奮闘した無名の人々の歴史を伝え『クライマーズ・ハイ』の数十倍はジャーナリズムの真実に目を開かせる。佐伯幸三『大当り狸御殿』『ハイハイ3人娘』等の時代物&喜劇とは別面見事。

 

↓ 増田 小沢 佐野

f:id:domperimottekoi:20160824121645j:plainf:id:domperimottekoi:20160824121722j:plainf:id:domperimottekoi:20160824121816p:plain

 

 

↓ 原作 現在は古書のみ。 

ぶっつけ本番―ニュース映画の男たち (1957年)

ぶっつけ本番―ニュース映画の男たち (1957年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

広告を非表示にする