フランキー堺 沢村貞子『人も歩けば』

9/4(日)ラピュタ阿佐ヶ谷『人も歩けば』(1960東宝 川島雄三)

http://www.laputa-jp.com/laputa/program/frankiesakai/sakuhin2.html#12

(※ネタバレ注意→) http://movie.walkerplus.com/mv28278/

↓ フランキー堺 沢村貞子 横山道代 沢村いき雄。(フランキー右頬に将棋駒)

f:id:domperimottekoi:20160906073708j:plain

↓ 小林千登勢。

f:id:domperimottekoi:20160906073812j:plain

これまで観た限りの川島雄三の中で個人的最高作に期せずして遭遇! 兎に角井手俊郎流とも思える(脚本は監督川島自身だが)大群像劇完璧差配術が圧倒的なのに加えて長台詞長廻し多用による惹きつけ術やスラップスティック感の愉快さが驚愕の域──前者は『幕末太陽傳』での石原裕次郎のような足引っ張り要素がないからこそ可能と思わせ 後者はとくに由利徹 南利明 八波むと志の愚連隊トリオ(其々東宝怪獣ネーミング)+フランキーによる必笑早廻し追跡シーンに集約。演技面ではフランキーのスーパーマンぶりは最早いつも乍らだが個人的最注目は沢村貞子。助演多々観た中で一番出番長く且つ早口滑舌キレのよさ等特長最発揮。妻役 横山道代(この人もスピーディーなコミカルさ抜群) マドンナ役小林千登勢をも措いてヒロイン敢えて沢村としたい。その実弟 加東大介もいい味出し 淡路恵子 桂小金治 森川信 藤木悠 ロイ・ジェームスらいずれ劣らぬ冴え。端役までの丹念な目配りも本当に井手流踏襲の感。同劇場でこれほど自然な爆笑が何度も起った映画嘗て知らず(濃い映画ファンの人たちは時々思わぬところで笑うが今作は違った)。

なお非ミステリー乍ら観覧前検索禁物(ネタバレで価値が失せるわけではないが)。

 

藤木悠 探偵金田一( ! ) その女ストーカー?若水ヤエ子(初見)。若水 三味腕魅せ。 

f:id:domperimottekoi:20160906083924j:plain

↓ 立岡光(たつおかあきら) 春川ますみ。立岡『特急にっぽん』でも活躍。後年芸名 晃。

f:id:domperimottekoi:20160906084607j:plain

↑ 持っているのは大握り飯。

 

f:id:domperimottekoi:20160906085310j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

広告を非表示にする