川地民夫 水島道太郎『昼下りの暴力』

1/23月 ラピュタ阿佐ヶ谷『昼下りの暴力』(1959日活 野口博志)

http://www.laputa-jp.com/laputa/program/picaresque/sakuhin3.html#21

(※ネタバレ注意→) http://movie.walkerplus.com/mv26323/

f:id:domperimottekoi:20170126020925j:plain

↑ 川地民夫 水島道太郎。本篇も白黒。傑作。野口博志(のちの野口晴康) 翌1960年に『拳銃無頼帖』シリーズ4作を始めとする赤木圭一郎主演作を立て続けに撮りヒットさせるがその直前期の本作のほうがより尖鋭で渋く日活アクションらしからぬ?ノワールに仕上がっている。が主演川地の地味なイメージもあってか(演技は赤木より格段に巧みだが)閑却されているようで惜しい。またここでも水島道太郎が悪役とも言い切れない複雑で難しい役どころを見事に演じ主役を食う素晴らしさ。ヒロインは川地の恋人役 稲垣美穂子で熱演だがこちらも水島の情婦役 筑波久子の破滅型悪女像がより鮮烈。

f:id:domperimottekoi:20170126024256j:plain

↑ 筑波と水島。筑波 引退後アメリカで映画プロデューサーとして活躍の由。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

広告を非表示にする