宝田明 星由里子『モスラ対ゴジラ』

1/31火 ラピュタ阿佐ヶ谷モスラゴジラ』(1964東宝 本多猪四郎 円谷英二)

http://www.laputa-jp.com/laputa/program/the_peanuts/#11

http://movie.walkerplus.com/mv21172/

f:id:domperimottekoi:20170131143131j:plain

↑ 最下段 左からモスラ幼虫(2匹) 藤木悠 宝田明 小泉博 佐原健二 ザ・ピーナッツ(伊藤エミ ユミ)。中段 左からゴジラ 星由里子。藤木 本篇では背広ネクタイなし。佐原 口周り黒いのは髭でなく某人物に殴られた流血。手には拳銃。ピーナッツ本篇では終始帽子着用。傑作。破壊舞台名古屋。巨大とは言え昆虫に過ぎない?怪獣モスラが如何にゴジラと戦うかを説得力ある設定と展開で描破 特撮流石の迫力。とくに冒頭インファント島の山津波&中盤 自衛隊によるゴジラへの放電攻撃。前半 モスラ巨大卵表現 それを巡る攻防も含め秀逸。モスラ成虫 ゴジラに接近すると意外なほど超巨大と判る。幼虫一卵性双児驚き。誕生の瞬間は白っぽいが間もなく色黒に。這い寄る姿地味否めなくも繭用糸攻撃強力(生後繊維摂取ないままはご愛嬌?)。 俳優陣ではまず誰より星の燦然美貌に釘付け。宝田&小泉『シン・ゴジラ長谷川博己ベクトルの絶対的エリート臭ないのが好感。佐原『ウルトラQ』2年前 悪役嬉々と。藤木 のほほん箸休め役。田崎潤 正義漢新聞社デスク役で存在感。ピーナッツ モスラの歌 ハモりありと初認識。怪獣映画はやはり劇場スクリーンでこそ観るべしと再々確認。1992年版『ゴジラvsモスラ』観たようにも思うが…記憶脱落 再度を期す(劇場上映時に)。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

広告を非表示にする