舟木一夫 内藤洋子『その人は 昔』

4/6木 ラピュタ阿佐ヶ谷『その人は 昔』(1967東宝 松山善三)

http://www.laputa-jp.com/laputa/program/matsuyama_takamine/sakuhin4.html#29

http://movie.walkerplus.com/mv22018/

※タイトル「その人は」と「昔」の間がやや空いている感。

f:id:domperimottekoi:20170410140843j:plain

↑ VHS。舟木一夫(23) 内藤洋子(17)。舟木デビュー3周年企画レコード『心のステレオ・その人は昔-東京の空の下で-』の映画化とのことだが「原作」と「脚色」は監督の松山善三となっておりレコード(現在CD化済)未聴のため具体的にどれだけの関連かは未詳。兎に角 舟木 内藤の2人が2/3ほども唄いまくる(実質は当然ながら舟木のほうが多いが)音楽映画であることに驚かされるが過半がロケ撮影のせいか所謂ミュージカル映画とも呼び切れないような雰囲気。全楽曲が船村徹担当でもあり歌謡映画好きとしては大満足──とすべきところだが如何せんストーリー面が苦手な悲しいお話過ぎるため手放しで絶賛できないのが残念。その辺原案のレコードではどうか多少食指。

一般的にはアイドル型女優のハシリとも言える内藤がヒロインとして終始大熱演している点が最重要と見られているようで 実際 素のままとも思えそうな自然な演技と何よりもそれまでの美人女優史の流れとは一線を画する新しいタイプの可憐さが目を奪わずにいない。序盤北海道での乗馬シーン注目。70年代に入り間もなく結婚引退したのが惜しまれるがそれだけに「伝説の美少女」イメージは大きいようにも。

個人的にはやはり舟木の相変わらずの達者さに舌を巻くがとくに本作では嘗てなく出ずっぱり大車輪の活躍で一層の驚き。東京の街を全力で走り回るシーンが最印象──車の往来激しい大通りを置き引き犯追い無謀横断するが群衆演出ありとも思えず…

主演2人以外は意識的に無名俳優のみで固めている模様。

 

↓ 冒頭 主題歌(画像は映画シーン交えたイメージ構成らしい)。


↓ 内藤洋子「白馬のルンナ」(映画シーンより)。

のちにレコード化され大ヒットの由(未CD化)。

 

↓ デュエット「恋のホロッポ」こちらもレコード化。ホロッポも馬の名前?

 

↓ 元になった企画盤。 ジャケ写の女性は当然内藤ではない。

こころのステレオ その人は昔―東京の空の下で
 

映画本篇が未DVD化なのが意外。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

広告を非表示にする