IKKAN&ひなた日姫『群青の神々』

7/27木『群青の神々』   作 演出 輪島貴史    於 上野ストアハウス (昼の部)

『群青の神々』 | ウィンドプロモーション

http://wind-pro.jp/wp-content/uploads/2017/02/gunjou_ura.jpg

f:id:domperimottekoi:20170728155223p:plain

豚蛇@pigserpentさんから教えてもらったクトゥルフ神話テーマ(!) 演劇。

その題材で果たしてお芝居成立し得るのかと一抹不安とともに観るも…これが大傑作!

主人公 葛葉正義(くずのはまさよし)は愛する妹のため異世界に旅立つがそこでは女性人格となったもう1人の自分〈オーディ〉が彷徨し のみならず数々の旧支配者が跳梁跋扈し…と複雑怪奇&荒唐無稽&深遠雄大な世界観を膨大な台詞&アクション&舞台効果で視せる魅せる。とくにふたつの次元が交錯しWアイディンティティーが同一舞台に立つ奇妙さは最初把握難解で戸惑わせるが 慣れてくると癖になる? 不可思議魅力。主演IKKAN 空間席巻するヒーロー性&多数の助演陣活かす包容力。その女性人格役 ひなた日姫(ひなたひめ) ハスキーボイス&キレある演技&終始のセクシー衣装で魅了。ある意味最大の見ものとも言える邪神群はナイアルラトホテップ始めヨグ=ソトース アザトークトゥルフ ハスターetc…の他 ウルタールの猫神やティンダロスの猟犬群や果ては旧神の王ノーデンスに至るまで登場し まるでエリシアのCCD大煌臨状態 !?…

…と これでもかと言わんばかりのクトゥルフ攻勢で驚き&快哉だが それらはある種大きな背景でもあり クトゥルフ未知でも兎に角 目くるめく幻惑性&大群像の溌剌躍動&鏤められた笑い要素&機知 等々見方は自由で 誰もが愉しめること必至。チャレンジ精神横溢企画に拍手!

 

↓ 現実&非現実&アナザーガイアが併存する複雑な相関図。(配布チラシより)

f:id:domperimottekoi:20170728173720j:plain

 

主題歌 ↓ ひなた日姫&IKKAN。この曲もかなりカッコいい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

広告を非表示にする