芦川いづみ 沢村貞子『結婚相談』

7/30(日) ラピュタ阿佐ヶ谷『結婚相談』(1965日活 中平康)

http://www.laputa-jp.com/laputa/program/nikkatsu-bungei/sakuhin3.html#25

(ネタバレ注意) http://movie.walkerplus.com/mv21598/

f:id:domperimottekoi:20110725112810j:plain

芦川いづみ 高橋昌也。芦川は個人的にあまり相性よい女優とは言えず(つい先日の『しろばんば』は佳かったが) 本作も映画自体にはさほど期待せず(実のところ若年時の中尾彬が最目当て) 結果的にも残念乍らその予断を覆すまでには至らず。婚期を逸した女が焦りの余り偽装売春業者の罠にかかる大筋はいいが カマトト娘から男を手玉にとる悪女への変化が些か唐突&安易の感。一番肝心な筈の「堕ちる」過程に説得力が欠けた点が悔やまれる。が見どころがないわけではなく 前半の最注目は口八丁で騙し&脅す偽婚活業者役 沢村貞子の嵌まりぶり。数多の既見助演中でも最巧演の域。もうひとつ目を惹くのは後半途中からの突然のお屋敷ホラー的展開で 細川ちか子の怪名演?もあり何が起こるかと期待させるが…その先がやや肩透かし否めないのは非常に勿体なし。芦川の相手役的立ち位置の 高橋昌也 を巡る経緯も予想を大きく裏切るが その点に関しては逆に意外性が面白し。先輩(年下乍ら)コールガール役 笹森みち子 初見。笹森礼子の妹で 同年(65)の『続・キューポラのある街 未成年』(未見)が初演作の模様。芦川妹役 山本陽子と弟役 中尾彬はともに活躍なく惜しい。因みに芦川は本作設定と同じ実年齢30歳 独身で 藤竜也と結婚し引退するのは3年後の1968。

DVD化済乍らTSUTAYAレンタルは未取扱。

 

前年(64)の大ヒット曲『女心の唄』(バーブ佐竹)が作中2度効果的シーンで流れるが ある世代以下の観客にはこの歌がこの映画で使われる因果までは気づけずと思われる。

 

円地文子の同題原作(未読) 古書価高額。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.