山村聡 轟夕起子『愛のお荷物』

上京時備忘 10/1(日) ラピュタ阿佐ヶ谷『愛のお荷物』(1955日活 川島雄三)

http://www.laputa-jp.com/laputa/program/todorokiyukiko/sakuhin2.html#11

https://movie.walkerplus.com/mv24206/

f:id:domperimottekoi:20171011044454p:plain

山村聡 轟夕起子。轟特集初訪(おそらく最後)。軽味をこそ身上とする川島の特色遺憾なしの傑作。ポスターやスチールではもう一組のメインカップル 三橋達也 北原三枝ばかりがクローズアップされるが主役はあくまで山村と轟。山村 貫禄と軽妙さの自然な混成ぶり余人なしの巧みさ。特集女優 轟 筋の上でも最大の鍵となる役どころだが 今作でも脇役的な雰囲気にならざるを得ない面があり些か損な気も。がそこを敢えて弁え徹するのもまたこの人の佳さ。三橋「抜群のコメディーセンス」と評されるが センス豊かなのはたしか乍らコメディー風に偏して演じているわけでは全くなく 単に役柄に応じた自然な芝居ができる才の発現と。北原 仕事と私生活を峻別するキャリア女子を適演。終盤 山田五十鈴 ゲスト的な短い出番で全て持っていくほどの得な役割。フランキー堺 顔見せ的に絡むのみでやや勿体なし。冒頭の長い国会(委員会?)シークエンス 川島得意の社会派ネタ独特コミカル料理に腕の冴え。質問議員役 菅井きん 芦田伸介 ともに苦笑誘う域のキレ味。他 東野栄治郎 殿山泰司 小沢昭一らも持ち味発揮。ナレーション 加藤武 適声。なお三橋が3役こなしているのも要注目。そのうち1役は一瞬なので注意。

フランスの戯曲が基になっている由だが未詳。DVD化済み。

 

後年(近年) 若林豪と 二代目 水谷八重子で舞台化されたようだが 検索しても元ジャニーズ 内海光司の出演関連情報のみ頻出し 劇自体の詳細判らず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.