川地民夫 赤木圭一郎『若い傾斜』

上京時備忘 10/2月 神保町シアター『若い傾斜』(1959日活 西河克己)

http://www.shogakukan.co.jp/jinbocho-theater/program/kakagi_list.html#movie01

(ネタバレ注意) https://movie.walkerplus.com/mv26145/

f:id:domperimottekoi:20171011090259p:plain

↑ 上 川地民夫 浅丘ルリ子赤木圭一郎 清水まゆみ。本編白黒。奇しくも前日見た同じ日活『愛のお荷物』で主役ペアよりサブカップルが目立っていたが 4年後の本作でも似た現象が。 主演はあくまで川地だが 正義漢乍ら直情的過ぎるキャラ設定で しかもそのために危険な現実を見逃してしまう話であるため ともすると愚昧とすら映り 主人公にしては些か損な役廻り。片やその親友役 赤木は劇場サイトの紹介では「初々しい」とあるが実際はそんなことはなく 前年デビュー乍ら既に数作出演経験あり 何より 若いのに清濁併せ呑むサバけた気質で且つ信義や友情にも篤い男との設定を極めて巧みに演じ 主役川地より遥かに得な結果を生んでいる。ために相手役も川地の恋人 浅丘より赤木が思いを寄せる清水に注目が行くことに。赤木に「甘さ」を指摘された川地がそれを埋め合わせんとするかのように暴走する展開も どちらが主役が判らなくなる一因に。がその策が奏効し手に汗握らせるのもたしか。助演で最注目は悪徳弁護士役(浅丘父役でもある)二本柳寛で 既見作群での比較的単純な悪役とは違う複雑な人間性を表現し認識新たに。

赤木圭一郎メモリアル・コレクション』の1本としてVHSあるもDVD化はなし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.