山村聰『四十八歳の抵抗』

12/15金 神保町シアター『四十八歳の抵抗』(1956大映 吉村公三郎)

http://www.shogakukan.co.jp/jinbocho-theater/program/daieijoyu2_list.html#movie09

https://movie.walkerplus.com/mv24873/

f:id:domperimottekoi:20171218115602j:plain

↑ 下  山村聰 雪村いづみ若尾文子川口浩 小野道子(のちの長谷川季子=としこ/長谷川一夫長女)。白黒。今作でも脚本 新藤兼人の自然な台詞が光る。演者では何と言っても主演 山村の巧熱演が圧倒的。雪村 東宝からの客演で 山村との唯一共演か。2曲ほど美声披露。若尾 ポスターの扱い大きいが出番は少なめで その相手役 川口(デビュー年)はさらに少。小野は主筋に絡まず惜。脇の最注目は鍵となる役どころ船越英二。原作(石川達三)未読。

48歳でロマンスグレー呼ばわりは現代では些か早過ぎの感だが 山村 実年齢46歳で既にこの貫録には驚き。なお妻役 杉村春子は4つ年長50歳。

↓ 船越 雪村 山村。

f:id:domperimottekoi:20171218122426j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.