岡田茉莉子『雌が雄を喰い殺す かまきり』/水谷良重『夜の配役』/川口小夜『「空白の起点」より 女は復讐する』

シネマヴェーラ渋谷 ノワール特集

http://www.cinemavera.com/programs.php

4/5木 『雌が雄を喰い殺す かまきり』(1967松竹 井上梅次)

(結末あり注意) https://movie.walkerplus.com/mv21936/

f:id:domperimottekoi:20051101134132j:plain

岡田茉莉子 ↓ 左 加東大介

f:id:domperimottekoi:20180406091600j:plain

↓ 右 吉村実子。

f:id:domperimottekoi:20180406091706j:plain

白黒。岡田主演作にこれほどの怪作があったかと驚かせるエロチックピカレスク。喜劇にまでは至らずもあまりのブラック展開に爆笑or苦笑必至。岡田関連から9年前(68)の『悪女の季節』&同作監渋谷実のテイスト連想させ 井上梅次の多彩さにまたも瞠目。吉村 奔放な娘役ド嵌まり。香山美子 終盤漸く登場乍ら美貌席巻。3女優揃って濡れ場あり艶技発揮 思い切りのよさに感心。男優陣では何と言っても絶倫社長役 加東 大熱演。露口茂 二枚目どころかと思いきや…の怪演。山内明 裏のあるエリート医師適役。他 中原早苗 田中邦衛 田中春男 菅井一郎ら短時で個性見せ。伏線から終局何となく読めるも最後まで何が起こるか判らず目を離させない作劇見事。↓ 岡田 加東の別スチール。

f:id:domperimottekoi:20180406091636j:plain

 

 

 

4/4水『雌が雄を喰い殺す 三匹のかまきり』(1967松竹 井上梅次)

(結末あり注意) https://movie.walkerplus.com/mv22096/

f:id:domperimottekoi:20150215132750j:plain

↑ 上 岡田茉莉子 佐藤友美 下 香山美子 根上淳?  白黒。観覧日前後したが〈かまきり〉シリーズ2作目。お話も人物も全く別。タイトル通り再び3美女優が競うが 前作の吉村実子に代わり佐藤 登板 映画出演作初見。が岡田 香山は濡れ場あるも佐藤のみなし。今回は超モテ男 根上がとっかえひっかえヤリまくるが 逆にかまきり美女たちの罠に…と言うお約束展開 終盤前回同様連続殺人も。最後に笑うのは…の面は趣向変えで注目。穂積隆信 内田朝雄 入川保則らも見せ場あり。藤田憲子(現紀子)の出世作?とされているようだが事前未知の為認識できず(出演シーンとして出回っているカラー画像があるが白黒映画なので別作との誤認と思われ)。

f:id:domperimottekoi:20101214145419j:plain

 

 

 

4/4水『夜の配役』(1959松竹 佐伯幸三)

(結末あり注意) https://movie.walkerplus.com/mv25925/

f:id:domperimottekoi:20140204181436j:plain

水谷良重 木暮実千代 山村聰。↓ 赤沢亜沙子 三橋達也

f:id:domperimottekoi:20140204181437j:plain

白黒。原作(有馬頼義)未読。傑作。ミステリー物としてのみならず冒頭からいきなりクラブ歌手役の主演 水谷が美声聴かせ 全篇中で都合4度ほど唄い(但し全て主題歌らしき同じ曲)ショー映画要素が個人的には最注目点。とくに終盤 滝田裕介 藤村有弘ら事件容疑者の居並ぶテーブルに迫り唄うシーン鳥肌物。水谷のエンタテイナー性発揮作としては既見中最高域。トップクレジットは水谷 三橋達也(東宝客演) 南原伸二のトリプルだが実質は相手役 三橋で 刑事役 南原は出番少。ゲスト格 山村 木暮の他 菅井一郎もいつも乍ら達者。アル中写真家役 丸山明宏 熱名演。主任刑事役 大平透 映画初見。2年前(1957)『嵐を呼ぶ男』でドラマー役の笈田敏夫 今作ではバンマス兼ドラマー。山村娘役 赤沢は可憐な魅力放つが詳細不明。水谷の同僚歌手役 有明ユリも1曲披露。因みに水谷 笈田 有明と3人の紅白歌手が揃う映画としても珍し。とくに水谷 笈田は同年(59)末も紅白出場。なお水谷この年ジャズドラマー白木秀雄と結婚(のち離婚)。

 

 

 

4/5木『「空白の起点」より 女は復讐する』(1966松竹 長谷和夫)

(結末あり注意) https://movie.walkerplus.com/mv21856/

f:id:domperimottekoi:20180407145901j:plain

↑ 川口小夜 天知茂。白黒。川口は鬼才 武智鉄二 息女の由で 同年(66)大島渚『白昼の通り魔』主演等 数作映画出演あるが詳細未知。演技やや固さあるも個性的。天知 巻き込まれ型探偵役嵌まり。同僚ライバル兼恋人?役 原知佐子『その場所に女ありて』(62)で注目したが今作ではより長尺熱演で魅力発揮 天知との濡れ場もあり(因みに原 2年前 実相寺昭雄と結婚)。脇は 岩崎加根子 露口茂 加藤嘉 菅井一郎 美川陽一郎 中谷一郎(刑事役)と名優揃い。園井啓介 笠置シヅ子(!)はちょい役感。ラスト真相&犯行回想シーン迫力注目。

観覧後 原作 笹沢佐保『空白の起点』(講談社Kindle)初読。大筋踏襲と知るが 小説では天知&原の役どころがより探偵コンビ感横溢。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.