辻本祐樹 浜畑賢吉『ミステリーオムニバス~観客への挑戦~』

4/13(土) 推理劇『ミステリーオムニバス~観客への挑戦~』於 全労済ホール。

http://puremarry.com/html/queen2019.htm

砂時計さんのお誘いにより 羽住典子さん 稲羽白菟さんと観劇。

f:id:domperimottekoi:20190415105610j:plain

往年のアメリカ人気ラジオドラマを舞台化。エラリー・クイーン創作の名探偵エラリーとその父リチャードが2つの殺人事件を推理するオムニバス。ユニークなのは2話共 問題篇 解決篇に分かれ 且つ中間で観客数人に実際に犯人当てをさせる点。1話目は野球場観覧席での殺人を扱った「13番ボックス殺人事件」2話目は蒼古な館舞台の遺産相続殺人「カインの一族の冒険」。両者 雰囲気 趣向 共に大きく異なり。1話目では華やかな芸能界の裏面が背景となることもあって 劇総体のオープニングも兼ねた踊りが見事。内容面では2話目が主軸と思しく どこか『犬神家の一族』を思わす不気味な冒頭からして強く惹きつけられ。お屋敷舞台なので すわ密室殺人かと思いきや 意外にも屋外が現場に。事件はある大ネタトリックが大いに好み。2サスに慣れ過ぎた目は つい配役の引き算等から犯人を割り出そうとする反則技を使ってしまいがちだが 劇中の名探偵は勿論そんなことはせず 少ない手掛かりから鮮やかな推理で解決。主演 辻本祐樹 爽やかな貴公子風に犀利な役柄を快演し好感。その父役 秋野太作 年季滲む 味で安心の支え。司会&その他大勢役担当 倉田英二 ユーモア満点 闊達進行。エラリー助手ニッキー役 太田奈緒 AKB48とのことでネットでは一番の話題のようだが それ抜きに好演。企画製作 ピュア―マリー(=「エンタテインメントカンパニー」の由 劇団ではない?) 演出 鈴木孝宏 脚本 保坂磨理子(同社代表) 監修 飯城勇三(クイーン研究家)&町田暁雄(コロンボ研究家)。貴重な試み 継続期待。

(羽住さん 1話目の犯人当てに指名されたのは流石の強運)

 

ところで個人的な事前からの最注目点は ほぼ唯一知る俳優 浜畑賢吉だが 如何せんこの役どころ(2話目)は…  実は大熱演&台詞多いにも拘らず ある事情から観客にはそうと判らなかったのではないかとの惧れが…  浜畑は1970年のNHK名作人気連続時代劇『男は度胸』の主演(徳川吉宗役)で 欠かさず視ていた傑作ドラマだったためもあり 今般初めて生で見る往年二枚目スターに秘かに期待していたが…  些か複雑な感慨。同伴観劇してくださった3人の方たちは世代的にほとんどご存じなかったようで 仕方ないこと乍ら少々残念ならざるを得ず おそらく観客全体でも同様の傾向だったのではと今にして察せられ… とは言え今作(「カインの一族の冒険」)の鍵となる役柄がこの人なかりせばの名演で成就されていたのは間違いなく 目立たなくも実は最大の功労者と得心。

 

男は度胸』幻の最終回発見等話題あるが それはまた別に。

f:id:domperimottekoi:20190415105203j:plain

https://www.nhk.or.jp/archives/hakkutsu/news/detail164.html

http://www.tvdrama-db.com/drama_info/p/id-12349

 

 

 

 

 

 

同行のお三方と歌舞伎町で一席。ミステリードラマ&映画話から業界裏話まで。

f:id:domperimottekoi:20190415134312j:plain

f:id:domperimottekoi:20190415134331j:plain

推理劇楽し! ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.