田端義夫

f:id:domperimottekoi:20130427021522j:plain

恥ずかしい話だが、田端義夫「島育ち」と三沢あけみ(+和田弘とマヒナスターズ)「島のブルース」を同じ歌だと長年思ってた。勿論同じ奄美大島テーマの歌で歌詞も曲調も何となく似てるってこともあっただろうが、「島育ち」のほうが実は競作で仲宗根美樹も唄ってて、田端バージョンより仲宗根のほうをテレビでよく視/聴いてたので(というより実際のところ田端が当時この歌をテレビで唄ってるのを見たことがなかった気がする<単純に仲宗根のほうが歌番組に沢山出てたせいだと思うが)、女性が唄う島歌→当然とはいえ雰囲気が似てる→混同(というより仲宗根と競作してたのは田端じゃなく三沢だと思ってたわけだ!)、という流れになってしまったったんじゃないかと思う。そんなわけで、当時の世間では仲宗根バージョンより田端の「島育ち」のほうが圧倒的にヒットしていたのに、個人的には田端バージョンを初めて聴いたのは後年の懐メロ番組においてだった。

だがそうした番組での田端はなぜか〈懐メロ〉という感じがあまりせず、老いてなお独特のエネルギッシュさを放ち続けてた。ご本人のキャラクターも勿論あるだろうが、戦後すぐの代表曲「かえり船」がおいらの世代にとっては明らかに〈懐メロ〉(=50年代以前のリアルタイムでは聴けなかった歌)である一方で、もうひとつの代表曲「島育ち」が62年という比較的〈新しい時代〉の歌であるため、そんな感じを受けるのかもしれない。死んだ親父が好きで、テレビでバタヤンが唄いだすとオッ出たなというようにニンマリして見てた。

しかしハタと考えてみれば、知ってる歌といえば上の2曲しかなく、勿論アルバムを持ってるわけでもない。報道では記録映画『オース! バタヤン』公開(5月)に合わせてアルバムが発売されるようで、双方に食指が動く。但し追悼企画というわけではなく生前から予定されていたもので、世に出る直前の訃報ということになるが、ご本人は完成した映画を存命のうちに鑑賞できたとのこと。

映画公式サイト http://www.batayan.jp/

田端義夫「島育ち」。



ご冥福を祈ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.