相澤秀禎 / 島津伸男

佐々木功黛ジュン西郷輝彦森田健作小林幸子水前寺清子都はるみ桜田淳子松田聖子岡田有希子早見優原田美枝子酒井法子川中美幸牧村三枝子安達祐実桜井幸子浜崎あゆみ、杏、ベッキー、小島よしお、スギちゃん… 60年代御三家の一角西郷から80年代の聖子を頂点とするアイドル絶頂期、さらに60~70の都はるみ水前寺清子に代表される〈歌謡曲〉としての演歌全盛時代と、相澤秀禎のマネジメント史はそのまま戦後芸能史とイコールだとさえいえる。

↓ 珍しい西郷との1枚。

f:id:domperimottekoi:20130526032357j:plain

栄光に満ちている一方で、その何倍もの苦悩を岡田有希子酒井法子の事件などで背負っていた。松田聖子との確執・絶縁もその一端だが、それに関し興味深いインタビューが某所にあるので、さわりを無断引用する。

相澤「これまで、聖子に対しては「申し訳ない」という気持ちがあったんです。なぜかっていうと、彼女が事務所を離れる時、本人から何度も電話が入ったんですよ。そこで僕が出て話を聞けば円満解決になってたのに、突っぱねちゃった。だから、聖子がひとりになってからの、いろんな噂を聞くとね、悪いことしたなと。その後、一度だけ成城(相澤氏の自宅がある)で会ったことはあるんですけど、よそよそしく挨拶したくらいで。だもんだから、心の中では、いつも聖子に申し訳ないという気持ちだった。だからディナーショーに招待されたときは、「これは行ってあげなくちゃ」って」

──聖子さんがステージ上で突然「お世話になった会長さんが来てくださいました」と、挨拶をしたそうですね。

相澤「私の顔を見て込み上げるものがあったんでしょうね。彼女、ステージで涙。終わってから楽屋に行ったら、聖子はまた泣いて。僕も「ひとりにしてごめんね」と。それで業務提携という形で、音楽の制作やプロモーションで力になろうという話になった」(2007)

 

 

 

 

 

あまり大きくは扱われていないが、北島三郎「函館の女」などの作曲家島津伸男の訃報。

http://mainichi.jp/sponichi/news/20130511spn00m200001000c.html

山田太郎「新聞少年」も子供の頃歌謡曲好きな自分が形成された時期の代表曲の1つ。また「函館…」のみならず星野哲郎とのコンビによるご当地「女(ひと)」シリーズは「薩摩」「加賀」「博多」など名曲揃い。

↓ 「加賀の女」



 

 

相澤秀禎さん島津伸男さんのご冥福を祈ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.