藤圭子

個人的に最愛の「京都から博多まで」、これは ↓ 貴重なステージ映像。作曲猪俣公章、作詞は意外にも石坂まさをでなく阿久悠

↓松島アキラの名曲「湖愁」カバー。

↓ 意外とも思える歌謡浪曲アルバムより「番場の忠太郎」。

素晴らしいとしかいうすべを知らない。この人こそ至宝だったことを今にして思い知る。衝撃は大きい。到底受け入れる段階にはない。