カウフマン『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件』

アンドリュー・カウフマン『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件』(田内志文訳)。

f:id:domperimottekoi:20131002212920j:plain

それこそチャールズ・ボーモントかフレドリック・ブラウンかという奇想と先の読めなさ。いろんな意味でよくぞ出したりという本。挿絵も効いてる。

訳者田内氏の持ち込み企画とのこと。先日のトークはとてもためになった、爪の垢なりとも煎じさせてもらわねばと。いやまじで。  

銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件

銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.