ボーモント『トロイメライ』

チャールズ・ボーモント『予期せぬ結末2 トロイメライ』を読む。

f:id:domperimottekoi:20131007030813j:plain

『夜の旅その他の旅』復刊から再人気著しいボーモント。本書はシリーズ恒例の初訳&初収録尽くしの独自編。どれも素晴らしいが個人的フェイパリットは「老人と森」(植草昌実訳)。この邦題まさに。天才ボーモント躍如。あとこれは超個人的だが「幽霊の3/3」の植草氏の訳文にはついニヤリとした秘かに(そのわけは内密)。

だが一番思うのはやはり…

 

 

 

 

 

  ←ここでもいったがオレの〈原風景〉には『コルチャック』も『ミステリーゾーン』もないってこと悔しいことにorz 『赤穂浪士』『事件記者』『七人の刑事』『人形佐七捕物控』『若い季節』『7時にあいまショー』『歌のアルバム』『隠密剣士』etcetcは原風景のど真ん中にあっても、その2つだけは如何ともしがたく〈ない〉orz こればかりはどうしようもない子供時代は戻らないから。だから植草さん井上雅彦さん尾之上浩司さん笹川吉晴さんが羨ましい、みんなオレよりずっと若いのにそれらを原風景に持ててるのが。…

といってもそれに関わりなくこの作家は好き。解説によるとまだ未訳があるらしいから期待。(井上さん植草さんともに今回も〈奇妙な味〉という安易な語を使ってないのが流石) 

予期せぬ結末2 トロイメライ (扶桑社ミステりー)

予期せぬ結末2 トロイメライ (扶桑社ミステりー)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.