末國善己編『黒田官兵衛』

末國善己編『黒田官兵衛』(作品社)をようやく読む。

f:id:domperimottekoi:20140208180031j:plain

これで予習しといて、なんて言ってたのがとっくに大河始まってしまったが、でもまだまだ序の口で重要エピソードのほとんどはこれかららしいので充分?間に合うものと。で本書のポイントは作順が大体クロニクルになってることと長篇(長めの中篇)が2つ入ってること。鷲尾雨工黒田如水」と坂口安吾「二流の人」がその2つで、とくに鷲尾作は官兵衛の最重要事件の1つである荒木村重による監禁とそこからの脱出劇をメインに描き興味深い。一方の安吾作はタイトル通り官兵衛をヒーロー視せず「カサ頭」「チンバ」「ビッコ」と禁止語頻出でユニーク。また比較する直江兼続をも同郷の偉人などとは露も思わぬらしく、官兵衛ともども〈戦争マニア〉と切り捨ててるのが面白い。他に海音寺潮五郎「城井谷崩れ」はダークな謀略家としての官兵衛を城井一族虐殺事件によって描きこれまた興味をそそる。作中では官兵衛が娘「八重」を自らの陰謀の犠牲にするが末國氏によればそれは創作で、史実では息子長政の妻「鶴姫」が犠牲となる。大河で鶴姫役を誰がやるのかが楽しみ?(長政は松坂桃李)。他に菊池寛黒田如水武者小路実篤黒田如水池波正太郎「智謀の人 黒田如水」。総じて直江兼続をも上回る官兵衛の波瀾万丈さが伝わる。主を活かして自らも大成した才は共通だが、1主に仕え通した兼続や山本勘助に比し主を転じてでも生き延びた点が官兵衛の波乱の元と言え、ある意味勝海舟にも通じる近代性かも?(なんてね)。

ところでちょうどこの折に末國氏の新刊『軍師は死なず』(実業之日本社文庫)をまたまたいただいた( ↑ 上の写真左)。文庫オリジナルアンソロジーとのことだが、実は作品社版『軍師の生きざま』『軍師の死にざま』も既に文庫化されてる。やはり日本人はなぜか軍師物が好きらしいから、大河ももうちょっと視聴率伸びるといいんだが。今回は個人的にも結構面白いので。

末國さんありがとうございました!  

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.