末國善己編『軍師は死なず』

末國善己編『軍師は死なず』(実業之日本社文庫)を読む。…

…のと入れ違いのように末國さん編新刊『竹中半兵衛』(作品社)をいただく!

f:id:domperimottekoi:20140325132756j:plain

『軍師は死なず』は作品社版から文庫化された『軍師の生きざま』『軍師の死にざま』の好評を受けての文庫オリジナル編纂の由。世はまさに軍師ブームか。大河『軍師官兵衛』が期待ほどの大ブームとなっていないにも拘らずというあたりからするとこれは実は〈秘かな〉と付けたほうがいいのかもしれないが。

本書の作品配列は戦国史を辿れるよう概ね年代順とのことで巻頭作新田次郎太田道灌の最期」から始まるが、この道灌という人名前に憶えがあるだけでまるで無知で、上杉定正なる人物の軍師だったと初めて知った。同様に片倉景綱(堀和久「片倉小十郎」)も馴染み薄だったし明石全登(=たけのり:柴田錬三郎「片腕浪人」)や毛利勝永(池波正太郎「紅炎」)に至っては名前すら知らなかった。ということで勉強になるが一方で名前やキャラの目立ちぶりから解ってるようなつもりでいた大谷吉継(吉川英治「大谷刑部」)や安国寺恵瓊(松本清張「背伸び」)も実はあまり解ってなかったのだと認識を新たにした。とくに大谷を石田三成の軍師とする見方は知らなかったのでなるほどと。また小説の面白さという面では山田風太郎「叛の忍法帖」が明智光秀の軍師譚というよりお得意妖術忍法の乱戦で惹きつけ、一方で小説というよりエッセー風の坂口安吾直江山城守」は「二流の人」の別版ともいえ例によってノンシャランな文体での皮肉な戦国観がいい。皮肉といえば西村京太郎「天下を狙う」は現大河の主人公黒田官兵衛(如水)を採りあげながら忠実な軍師というよりタイトルどおりの天下狙いを秘かな志としていたとの説が面白いと同時に、トラベルミステリーとは一線を画す堂に入った戦国物ぶりが驚かせる。その点津本陽「鬼骨の人」が竹中半兵衛を徹底した裏方と捉えてるのが大河でのライバル関係を見る上で参考になる。軍師の代名詞ともいえる山本勘助を敢えて外したとも見える今回の傑作集では新鮮さとオーソドックスさのバランスも冴え末國軍師絵巻愈々佳境。というわけで次の『竹中半兵衛』も楽しみ。 

  

小説集 竹中半兵衛

小説集 竹中半兵衛

 

 末國さんありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.