木暮実千代『幸福はあの星の下に』

2/7土 ラピュタ阿佐ヶ谷『幸福はあの星の下に』(1956東宝 杉江敏男)

http://www.laputa-jp.com/laputa/program/hanamachi/sakuhin1.html#08

http://movie.walkerplus.com/mv24494/

f:id:domperimottekoi:20150207222420j:plain

予備情報見ずまっさらで観始めたら序盤大枠を呑み込めない上にのんびり過ぎてどうなるかと案じられたが1/3あたりから俄然釘付けに。花街ゆえの別離と再会の悲劇を台詞と展開の絶妙さ&主演木暮実千代はじめ俳優陣の演技の素晴らしさがある意味での迫力あるサスペンスにまで高めている。脚本(八田尚之)がいいのと助演ではとくに狂言回し的役どころの花井蘭子が巧み。木暮実千代は馴染みが薄いが『草燃える』等に出ていたのを見てたはずで顔と名前知ってるのはそのためか。お芝居もさることながら踊りの見事さに瞠目。芸名から宝塚か松竹歌劇団出身かと思ったらそうではなく日大時代から松竹に入った生粋の映画女優らしい。

 

土曜とは言え意外な満席ぶりに驚き。男性客の多くは助演の1人若き岡田茉莉子目当ての懐物邦画ファンと思われるが出番の少なさゆえか両隣ともすぐ舟を漕ぎ始め(ともに30代くらいの若さ)とくに右隣がラストまでぐっすりだったのには苦笑。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.