南風夕子 丘野美子『拳銃0号』

ついに始まった山崎徳次郎特集 最目当ては勿論『事件記者』シリーズだが…

http://cinema.ne.jp/news/event2016040321/

…まず皮切り作。5/4 ラピュタ阿佐ヶ谷『拳銃0号』(1959日活 山﨑徳次郎)

http://www.laputa-jp.com/laputa/program/yamazakitokujiro/#01

(※ネタバレ注意→) http://movie.walkerplus.com/mv26061/

f:id:domperimottekoi:20160505175017j:plain

↑ 左から 稲垣美穂子 川地民夫(上) 浜村純(下) 岡田真澄 丘野美子 宍戸錠 待田京介。このスチールでは中央岡田が主役に見えるが本篇では展開の引金役で冒頭に出るのみ(引金は引かないが)。併映用とおぼしい小品だがそれ故の自由度もあってか実験性あり。贅沢な俳優陣の入れ替わり立ち代わり加減が面白し。このスチールにいない安部徹のいつもにも増しての悪ボスぶりも目を惹く。女優ではその安部の情婦役 南風夕子(みなかぜゆうこ)が前半のヒロイン格で美貌も演技も絶品だが日活では終始役に恵まれなかったようで惜しい。丘野美子は上の写真では宍戸に寄り添っているが作中ではデビュー間もない無名期の赤木圭一郎の恋人役。短い出番ながら浮ついた不良娘が嵌まる。後年のVHS パッケージ ↓ では赤木とともにフィーチャー。右 南風夕子 ↓ 。

f:id:domperimottekoi:20160505175235j:plainf:id:domperimottekoi:20160505175523j:plain

 

銃テーマと言いセミオムニバス手法と言い同年の東映『七つの弾丸』↓…

http://domperimottekoi.hatenablog.com/entry/2015/07/26/031705

…と通じるがどちらが先かは不明。向こうはリアルさこちらは詩情が其々の味か。

 

 

 

因みに本作のモチーフとなる拳銃はコルトで種名も言っていたようだが聴きそびれ。アメリカ人旅行者の護身用設定なのでコルトで一番一般的とされるM1911(ガバメント) ↓ がありそうだが…

f:id:domperimottekoi:20160505175952j:plain

…上のスチールで岡田の持つ銃をよく見ると ↓ …

f:id:domperimottekoi:20160505180032j:plain

…このように照準が見えないのでその特徴があるのはブローニングM1910 ↓ らしく…

f:id:domperimottekoi:20160505180152j:plain

…銃身の先のほうが窄まっている感じからしてもひょっとするとこちらか? ブローニングなどと変にこだわって呼ぶより判り易い「コルト」と呼ぶことにしたのかも? M1911も製造はコルトながら設計はブローニングだそうだし…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.