杉葉子 木暮実千代『丘は花ざかり』

6/28火 ラピュタ阿佐ヶ谷『丘は花ざかり』(1952東宝 千葉泰樹)

http://www.laputa-jp.com/laputa/program/idetoshiro/sakuhin1.html#10

http://movie.walkerplus.com/mv23383/

f:id:domperimottekoi:20160629142632j:plain

↑ 上 上原謙 木暮実千代杉葉子 池部良。本篇白黒。同じ石坂洋次郎原作 井手俊郎脚本の歴史的大ヒット作『青い山脈』(1949)以上の超豪華配役の大作。このポスターでは上原 木暮主演のようだがむしろ木暮 杉の姉妹が軸で男優たちは総じてそれを囲む助演の感。姉妹の間でも比重は若干杉のほうにかかり上司山村聰との年齢差愛が中心で池部はその脇へ廻り出番も少ない。杉は『青い山脈』でも見せたスケール感ある明朗快活さに加え今作では一転悲恋に号泣するシーンも。木暮は珍しく?純真で愛らしい人妻を熱演。それを狙う上原は奥底の知れない不気味なドンファン男を怪演 これまであまり器用な俳優ではないと思っていただけに些か瞠目。他では木暮の茫洋とした夫 清水将夫 木暮を嘲弄する野次馬夫人? 沢村貞子 上原のしたたかな愛人 高杉早苗らも其々名演。注目シーンも多いが中でも驚いたのは木暮 杉姉妹の前で池部と志村喬がいきなり服を脱ぎ海(or川?)に跳び込み泳ぎ出すところ。両人とも達者さ見せ立ち泳ぎでの長い会話もあり。『青い山脈』では山脈らしきものは最後にようやく出てきたが今作でも丘はラストのみ(花ざかりかは不明)。主題歌も同じ藤山一郎で映画自体より遥かに有名か。


1963日活 浅丘ルリ子らで再映画化(脚本は別)。ともに未ソフト化なのが意外。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.