香山美子 田村正和『この声なき叫び』(※一部ネタバレ注意)

12/3(日)  ラピュタ阿佐ヶ谷『この声なき叫び』(1965松竹 市村泰一)

http://www.laputa-jp.com/laputa/program/shochiku-bungei/sakuhin3.html#29

(結末あり注意) https://movie.walkerplus.com/mv21373/

f:id:domperimottekoi:20171204103830j:plain

↑ 中央 田村正和 香山美子 右 倍賞千恵子 園井啓介 志村喬 笠智衆

f:id:domperimottekoi:20171204103905j:plain

↑ 田村 香山  ↓ 香山 園井。

f:id:domperimottekoi:20171204103928j:plain

白黒。田村22歳「少年」設定よりはやや年長だが昏い美青年適役。が展開面では香山単独主演 相手役 園井の感。香山21歳 大人びた美貌ゆえ田村より年上設定違和感なし 抑えた好演。園井『事件記者』NHK版後期の頃で 本作での記者役も当然その延長にあり 期待に違わぬ洒脱な切れ味。2人を支える南田 ポスター番手はなぜか後位置だが 気風いいバーママ役 最巧演。倍賞 志村 笠はゲスト格で出番短く とくに倍賞はワンシーンのみ。弁護士役 北村和夫 少々演劇的過ぎるもその点含め効果。

原作(西村京太郎『四つの終止符』)この機に再読。大きな変更あり。(※以下展開要所抵触につき注意)

 

 

 

 

 

 

原作ではタイトルどおり4人の犠牲者がおり うち2人が主人公クラスの重要人物で(映画での田村と香山の役どころ=ともに自殺) そのため極めて酷薄な内容となっており映像化の際の対応が注目されたが 今作では2人とも存命のまま進行の措置が採られ 結果的には大きく奏効。映像ミステリーとしては後年の2サス調の予兆(伏線でなく真犯人自体を途中で仄めかしてしまう手法)が見られるが その是非はまた別の話。

 

 

 

なお夫 三條正人 逝去のため 香山美子 奇しくも久々に今年の芸能紙面登場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.