※ネタバレ注意『警視庁物語 深夜便一三〇列車』(再)

1/15月 ラピュタ阿佐ヶ谷『警視庁物語 深夜便一三〇列車』(1960東映 飯塚増一)

http://www.laputa-jp.com/laputa/program/keishichomonogatari/#03

(結末あり注意) https://movie.walkerplus.com/mv22697/

f:id:domperimottekoi:20180116113921j:plain

↑ 上 中山昭二 堀雄二 下 左から 小宮光江 大村文武 今井俊二(健二)。白黒。一昨年初見時には劇場サイトに倣い『警視庁物語 深夜便130列車』としたが このポスターにもあるように『一三〇列車』との漢数字表記が妥当か。また紹介にはシリーズ第12作とあるが Wikipediaの一覧では13作目とされており正誤未詳(先日観覧の『顔のない女』も9か10か?)。さらに総作数自体も24か25か不明(一覧によればどう見ても25作あるが…)。

それは兎も角 本作単独でも捜査映画史上屈指の大傑作に相違なしと再確認。感想の概ねは上掲の ↑ 前回エントリでほぼ書き尽くした感あり 今回はそこに洩れた細部で個人的に気になった点(主に俳優だが)のみ記す。以下ネタバレのため未見の向きは注意。

(※蛇足乍らネタバレとネタバラシは別との声あるも当ブログは委細構わず)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『顔のない女』もそうだが 本作も「真犯人がラストでのみようやく登場する」点を大きな特徴とする。これが例えば『事件記者』シリーズだと(あるいは『七人の刑事』もか)犯人が最初から明かされていてその逃走やさらなる犯行の動向と警察&記者側の捜査や取材の状勢とが並行して描かれることが多く また『刑事物語』シリーズでは逆に犯人は明かされないがその代わり既に登場した人物の中にいるケースが多い。ところがこの『警視庁物語』シリーズはそのどちらも採らず 真犯人を画面の中には隠さず画面の外に隠す手法が目立つ気がする(尤も既見5作に過ぎないため他がどうかは心許ないが)。

本作では列車内で2人の怪しい乗客に目星がつけられ その1人が実際真犯人となり もう1人が観客欺きの要員に使われる。そこでこの2人の俳優を検索したところ以下と判明。

先ず真犯人「吉村春夫」(この名前だけは終盤初め頃明かされる)を演じた小嶋一郎は 何と同じ年(60)から2年間テレビドラマ『ナショナルキッド』で主演!

某ブログより無断拝借のスチール ↓ 左 小嶋 右のちの太地喜和子こと志村妙子(芸名 )。

f:id:domperimottekoi:20180116125410j:plain

↓ これがナショナルキッド雄姿。(右の女性が志村かは不明。違うようにも…)

f:id:domperimottekoi:20180116125431j:plain

ドラマは同年8月開始だそうで この映画『一三〇列車』が何月かは未詳だが 場合によっては小嶋はヒーローと殺人犯を同時期に演じていた可能性も。因みに同ドラマでは第1部2部で主演したものの 合わないと判断され降板となった由。

 

観客を欺くもう1人の怪しい乗客役俳優は 長谷部健(たけし)。何とサイレント期スター中野英治と 日本初の本格映画女優と謳われた英百合子との間に生を享けたサラブレッド! 実際二枚目で映画でも登場の瞬間目を惹かずにいない顔立ち。血筋に相応しく52年=24歳時『神州天馬侠』主演 ↓ 。が大成には至らずの模様。(下はブロマイドか)

f:id:domperimottekoi:20180116131856j:plain

f:id:domperimottekoi:20180116131910j:plain

往年スター候補2人が本作ラストで共に警察に迫られる役なのはある種奇縁?

 

 

また前回エントリで「子役で風間杜夫もいたらしいがあとで知ったため認識できず」と書いたのは不注意&不覚と今回判明。冒頭近くで堀雄二の息子役を演じた少年がそれで クレジットは本名 住田知仁(すみたともひと)。当時相当の人気子役の由で これ ↓ は63年のアニメ映画 『わんぱく王子の大蛇退治』主演吹替え時風景。

f:id:domperimottekoi:20180116134400j:plain

これは多少美少年風だが 3年前(11歳)の本作ではやや小太り気味のやんちゃ坊主風で 父親にしつこく小遣いをせびる姿が似合い。その後も同役で出ているかは目下不明。

↓ 今年 大河『西郷どん』隆盛 父役中の風間杜夫

f:id:domperimottekoi:20171205172620j:plain

 

 

 

なおこのシリーズ 今更で迂闊乍ら楽天TV他でレンタル視聴可と初知り!

『警視庁物語』:楽天TV動画配信

17作視れるようで 全作には若干欠けるがそれでも過半。未見作はここで順次補完余儀なし(先日の『遺留品なし』見逃しも)。勿論できれば劇場観覧が理想だが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.