ラピュタ阿佐ヶ谷【ミステリ劇場へ、ようこそ。】(予)

ラピュタ阿佐ヶ谷 特集予定 2/18~4/21

石上三登志スクラップブック刊行記念/ミステリ劇場へ、ようこそ。】

http://www.laputa-jp.com/laputa/program/mystery2018/

※以下 ↓ 公開年順 自己編。★=既見。(シリーズ系は最下記)

『昨日消えた男』(1941東宝 マキノ雅弘 長谷川一夫)

『天晴れ一番手柄 青春銭形平次』(1953東宝 市川崑 大谷友右衛門)

『彼奴を逃すな』(1956東宝 鈴木英夫 木村功)

『三十六人の乗客』(1957東宝 杉江敏男 小泉博)

『夜の牙』(1958日活 井上梅次 石原裕次郎)

影なき声』(1958日活 鈴木清順 二谷英明) ★

『暗黒街の対決』(1959東宝 岡本喜八 鶴田浩二) ★

『顔役暁に死す』(1961東宝 岡本喜八 加山雄三) ★

『霧と影』(1961東映 石井輝男 丹波哲郎) ★

『殺人者(ころし)を追え』(1962日活 前田満洲夫 小高雄二)

危いことなら銭になる』(1962日活 中平康 宍戸錠)

野獣の青春』(1963日活 鈴木清順 宍戸錠)

『五瓣の椿』(1964松竹 野村芳太郎 岩下志麻)

猟人日記』(1964日活 中平康 仲谷昇)

『100発100中』(1965東宝 福田純 宝田明)

新幹線大爆破』(1975東映 佐藤純弥 高倉健) ★

『野蛮人のように』(1985東映 川島透 薬師丸ひろ子)

『真夜中まで』(2001東北新社 和田誠 真田広之)

 

松本清張 原作物

『点と線』(1958東映 小林恒夫 志村喬) ★

『黒い画集 ある遭難』(1961東宝 杉江敏男 伊藤久哉)

『霧の旗』(1965松竹 山田洋次 倍賞千恵子)

『影の車』(1970松竹 野村芳太郎 加藤剛)

砂の器』(1974松竹 野村芳太郎 丹波哲郎) ★

 

片岡千恵蔵 金田一耕助シリーズ

『三本指の男』(1947東映 松田定次 片岡千恵蔵)

『獄門島 総集篇(前篇+解明篇)』(1949東宝 松田定次 片岡千恵蔵)

『三つ首塔』(1956東映 小林恒夫+小沢茂弘 片岡千恵蔵) ★

 

〈事件記者〉シリーズ

『事件記者』(1959日活) ★

『事件記者 真昼の恐怖』(1959日活) ★

『事件記者 仮面の脅迫』(1959日活) ★

『事件記者 姿なき狙撃者』(1959日活) ★

『事件記者 影なき男』(1959日活)

『事件記者 深夜の目撃者』(1959日活)

『事件記者 時限爆弾』(1960日活) ★

『事件記者 狙われた十代』(1960日活) ★

『事件記者 拳銃貸します』(1962日活) ★

『事件記者 影なき侵入者』(1962日活) ★

『新・事件記者 大都会の罠』(1966東宝) ★

『新・事件記者 殺意の丘』(1966東宝) ★

 

個人的には〈事件記者〉シリーズ補完に最期待だが 他も未見&未ソフト化有名作多。

 

石上三登志スクラップブック: 日本映画ミステリ劇場

石上三登志スクラップブック: 日本映画ミステリ劇場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.