伊志井寛『結婚式・結婚式』

2/17土 ラピュタ阿佐ヶ谷『結婚式・結婚式』(1963松竹 中村登)

http://www.laputa-jp.com/laputa/program/its_show_time/sakuhin3.html#29

https://movie.walkerplus.com/mv20930/

f:id:domperimottekoi:20180220065153j:plain

↑ 上 田村高廣 岡田茉莉子 佐田啓二  中 岩下志麻  下 伊志井寛 川津祐介 田中絹代。カラー。歳末&新春コメディ特集最終作。冒頭クレジットのトップは岡田 佐田 岩下(or田村?)並列だが よくある序列&客呼び用であり 実質はいずれも出番少なく/短く 田村はほぼ中盤ワンシーンのみ 佐田に至ってはラスト30分ほど前にようやく登場(その代わり佳いところを持っていく)。岡田 岩下 は台詞極端に少なく とくに岡田 主演主役感 皆無で むしろ顔見せちょい役ゲストの趣きすら。岩下もこのポスターのように真ん中で花嫁姿のイメージは本篇には全くなく 「いたっけ?」の感すら。結婚関連で一番目立つのはポスターに顔なくクレジットも下位の榊ひろみで 若手3女優中では最(と言うより唯一)活躍。では誰が実質主演かと言えばどう見ても伊志井寛(or+田中絹代)であり 終始出ずっぱり&膨大な台詞量で大車輪 奮闘演。77歳(喜寿)設定だが実年齢62歳で 若くして豊富な老け役経験最発現。伊志井と言えば個人的には何と言っても『咲子さんちょっと』(61~63 江利チエミ 小泉博)での父役が馴染みで 顔と名前が全国的に浸透したのもこのドラマの筈であり 同時期である本作への起用もそれゆえかと。但し『咲子さん…』での役柄より遥かに頑固親父設定で そこが見どころでもあり。実人生では9年後(72)に喜寿より6年も早い71歳の若さで没とは意外の感。なお妻役 田中は10歳以上年下の設定だが実年齢はさらに若い54歳。

本作を小津安二郎(奇しくも同じ63年没)と関連付けることに重きを置く向きがあるようだが あまり意味あるとは思えず(笠智衆の写真での一瞬のカメオ出演が呼び物のようで当然笑い起こるが 実質はサービスの域を出ず)。

 

 ↓ 榊ひろみ。3年後(66) 荒木一郎と結婚 引退 (但しのちに離婚 復帰)。

f:id:domperimottekoi:20180220090120j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.