聖地ポーカーズ Act of Cthulhu『HOPELESS』

4/7(日) 折しも花まつり 賑わいの築地本願寺前から…

f:id:domperimottekoi:20190407112910j:plain

f:id:domperimottekoi:20190407122510j:plain

…劇団 聖地ポーカーズ 公演『HOPELESS』(於 築地本願寺ブディストホール)へ。

http://hopeless.seichipokers.com/?page_id=31

f:id:domperimottekoi:20190407123043j:plain

あんずさん幹事により豚蛇さん Zephyrosさんと観劇。地元築地の柴田さんも別席乍ら急遽来場(豚蛇さんZephyrosさん柴田さんとは前日の伊豆遠足と続けての交流となり)。

貴重なクトゥルフ神話演劇とのことで注目されたが 期待超える出来で満足。最眼目点は 昭和史を背景として(舞台は高度成長期日本)史実上の事件や人物を織り交ぜつつ「王道」(=パンフレットでの作演出 榎原伊知良の言葉)のクトゥルフ神話を展開しているところ。この「王道」の意味とは 榎原氏によれば ラヴクラフト作品の世界観 空気感を色濃く引き継ぎ乍ら現代性に昇華させることとされ その点はまさにこのストーリーの虚実混淆性において実現されているとも言えそう──魔道書や怪事件や妖しい土地等の独特要素がもし本当なら?…と空想させるところがラヴクラフトクトゥルフの醍醐味の一端であるがゆえに。本作では津山三十人殺し・ぼりばあ丸沈没・磐光ホテル火災 等実際の出来事や 建築家 安藤忠雄 フィクサー 久原房之助 ら実在人物や 二楽荘 築地本願寺(!)等 本物建築物の逸話まで盛り込み この世ならぬ力による現実への介入を仄めかすクトゥルフ物らしい雰囲気を巧みに醸成。終盤 幾重もの捻りも高奏効(この方向性なら小説化も面白いかも)。また如何にもな白衣カルト集団の陰謀や それと対比的な黒衣忍者風3人組を軸としたアクション等 娯楽活劇面も充実。俳優陣では主演は無頼派建築家役 岸本卓也だが 展開上ではその弟役 芹沢尚哉 とその相手役(ヒロイン)本宮佳奈がより活躍。個人的にはカルト教祖役 長戸勝彦の貫録演技と 風貌からし京極夏彦(or中禅寺秋彦)を意識?と思しい忍者首領役 早川剛史に目惹かれ。当日客演 たしろさやか の弾けぶりも愉快。終演後のトークでは 劇中清楚で寡黙な役どころだった本宮さんが実は多弁且つ声量豊かで(声優でもあり)しかも一番のクトゥルフ神話TRPGファンと告白し驚き。

パンフレット(ややお高め。映画に比し演劇ってそうなの?)では演出 榎原氏の結びのくだりがニヤリとさせ。協力者リストには東雅夫氏の名も。(東氏とプロデューサー酒井りゅうのすけ氏のPRトーク ↓ 事前視聴済)

 

 

 

観劇前には折角の築地なのでお寿司でお昼にしたが…

f:id:domperimottekoi:20190407115336j:plain

劇後には合流した柴田さん行きつけの高級店に連れていってもらい さらに不相応な贅沢を。前日よりの寿司三昧で 舌と腹は至福の半魚人化心地…  柴田さんのお店(隠れ家的)の台所にもお邪魔しお茶珈琲等いただき。秘蔵の高額 邪神フィギュアには吃驚!(クトゥルフ御本尊像とはご存じなかったかも?…実際かなり異色造形で 同行の強者氏らでなければ判定困難…)

f:id:domperimottekoi:20190407172444j:plain

初見 築地本願寺 夜景拝みつつ帰途に。(〆に強者氏らと茶店したのは言うまでもなし)

f:id:domperimottekoi:20190407185211j:plain

柴田さんご馳走様でした あんずさん豚蛇さんZephyrosさんThanxxx!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.